Home > 導入事例

導入事例

生体モニター連動アラームシステム!

現在某病院に提案中

生体情報モニター等と連動し、異変を検知したら直ちにナースコールへ通知するシステムです。

看護師が少数になる夜間など、頻繁に容態を見られない時に
生体情報モニターのアラームをナースコール、PHSで受信できれば安心です。

生体情報モニター連動アラームシステムは、この不安を解決し
すぐに患者様のところに駆けつけることが出来ます。

ナースコールとPHSの連動システムを導入。グループ分けや部屋番号の表示も可能に!

某病院

ナースコールの呼出をPHSにて受信・通話が可能にし、看護師さんが持ち歩くことにより、ナースステーションにいなくてもナースコールを確実に受信し、スピーディな対応が可能になります。
また、PHS同士の通話が可能ですので看護師さんどうしの連絡がすばやく出来ます。

ナースコール親機の表示と同じ様に、PHSでも部屋番号を確認する事が可能です。

PHSはグループ分けが可能で、グループ毎に鳴り分けすることが可能です。

PHSアンテナ PHSの表示 ナースコール本体と主装置

安心でシンプルな老人介護用コールシステム !

某グループホーム

デイケア入居者は健常者のため、通常時は普通の電話として利用できるコールシステムを導入しました。
ご自宅、お友達などへ直接、発信着信が可能です。交換手は必要ありません。

気分が悪くなったりなどの緊急時には、コールボタンを押せばナースコールシステムに繋がります。
ハンズフリーで会話できます。

更に、緊急時コールは相手が出るまで6箇所に次々発信します。
PHS、携帯電話等にも発信可能です。

どうしても単独完結になりがちな異なるシステムをドッキングすることにより、運用や設備コストをシンプルにできました。
お年寄りが利用者のため、使い勝手はシンプルに、万が一の時は確実に動作するように考案されたシステムです。

ナースコール親機 部屋側の電話機

非常ドアの開錠も検知 !非常ドア連動アラームシステム

某特別老人ホーム

夜間はどうしても看護師は手薄になってしまいます。

本施設では、夜間に徘徊者が自分で鍵を開けて屋外にでてしまうことがありました。
夜間で看護師も手薄になっているため、どうしても見逃してしまう場合があります。

そこで、夜間にドアの開錠があった際に、ナースコール、PHSで検知できるシステムを考案しました。

夜間に施錠されているドアが開錠されるとアラームが発信され、それを受信したナースコール、PHSに着信します。
画面には部屋番号の代わりに「非常ドア」の表示が出来ます。

制御盤からのアラームもナースコールで受信 !制御盤連動アラームシステム

某有料老人ホーム

本件ではナースコールシステムに、建物の緊急コールも受信するシステムを融合させたシステムを導入しました。
患者からのコールは勿論のこと、建物で異常があった場合にもナースコール、PHSで受信することが出来ます。
本システムでは、火災報知機の発砲、建物の漏電、水漏れアラーム検知時にナースコール、PHSおよび外線電話が受信します。
画面には部屋番号の代わりに「火災報知機」や「監視盤」などの表示が出来ます。

建物の表示盤で火災報知機や監視盤のアラームが表示されると
同時にナースコールも鳴動する
ナースコール親機
火災報知機や監視盤の警報はディスプレイ上に表示されます。

 

Home > 制御盤からのアラームもナースコールで受信 !制御盤連動アラームシステム

Return to page top